<   2012年 02月 ( 1 )   > この月の画像一覧

 

ライトロード疑問まとめ

ライトロード共通
・複数のライトロードのデッキからカードを墓地に送るモンスター効果がエンドフェイズに発生する場合、チェーンブロックを別々に組み、個別に解決する。
・エンドフェイズ時のデッキからカードを墓地に送るモンスター効果はコストではなく効果扱い
(《スキルドレイン》等で無効になる)
・対戦相手の《禁じられた聖杯》で効果をエンドフェイズ時まで無効にされた場合、墓地に送る効果を発動させるかどうかは対戦相手が決めることが出来る。(優先権放棄の関係)
・デッキからカードを墓地に送るモンスター効果によって送る枚数よりデッキの枚数のほうが少ない場合、可能な限りデッキからカードを墓地に送る。ゲームに敗北するのはデッキが0枚になったときではなく、デッキからカードをドローできなくなったときなので、カードの効果でデッキが0枚になった時点では、ゲームに敗北するわけではない。また、デッキが0枚になっている状態で、マジック・ブラストやコアキメイルの鋼核といった、ドローを置換して効果を発動するカードの効果を使用することは出来ない。

【ライトロード・パラディン ジェイン】
・攻撃力アップの効果は、「戦闘を行うとき」ではなく「攻撃する場合」のため、攻撃される場合には効果は発動しない。

【ライトロード・ウォリアー ガロス】
・ドローする効果は、強制効果のため、デッキが0枚になっている場合ゲームに敗北する
・エンドフェイズに複数のライトロードのデッキからカードを墓地に送るモンスター効果が発動する場合、1つずつチェーンブロックが解決された後に、ガロスの誘発効果が発動する。

【ライトロード・サモナー ルミナス】
・特殊召喚をする効果は、墓地にライトロードと名の付いたレベル4以下のモンスターが存在しない時に発動することは出来ない。(墓地にライトロードが存在しない時に手札のライトロードをコストとして効果を発動することはできない)

【ライトロード・ドルイド オルクス】
・対象をとることができない効果は、墓地にも及ぶためルミナスの効果を使用することができなくなる。

【ライトロード・ハンター ライコウ】
・破壊する効果は任意効果であり、デッキからカードを墓地に送るモンスター効果は強制効果である。

・「破壊されたとき」をトリガーとして発動する任意効果を持つカードをこのカードの効果で破壊した場合、デッキからカードを墓地に送る処理が後に入るため、タイミングを逃す。

【ライトロード・ビースト ウォルフ】
・通常召喚できない。と書かれているが、このカードは蘇生制限がなく、自身の特殊召喚能力を使用していないこのカードを墓地や除外ゾーンから特殊召喚することができる(例外裁定、同様の裁定にレアメタルドラゴン、シンクロマグネーターが存在する)

・《おろかな埋葬》によってこのカードが墓地に送られた場合、デッキから墓地に送られた扱いとなり特殊召喚される。

【ライトロード・マジシャン ライラ】
・魔法罠カードを破壊する効果の効果解決時に攻撃表示から守備表示に変更する効果が何らかの効果で処理することができなかった場合、魔法罠を破壊する効果は適用されない。

・次の自分のターンのエンドフェイズまで表示形式を変更することができない効果は、何らかの効果で表示形式の変更が出来なかった場合、魔法罠カードが破壊できなかった場合でも適用されそのターンおよび次のターンに表示形式を変更することはできない(誓約効果扱い)

【ライトロード・モンク エイリン】
・攻撃したモンスターをデッキに戻す効果が発動するのはダメージ計算前(ダメージステップ開始時)のため、リバースモンスターの効果は発動する。(cf.Nグランモール、ジャンク・バーサーカー等を確認のこと)

【ライトロード・エンジェル ケルビム】
・ライトロードの中で唯一コストでデッキからカードを墓地に送る。デッキが4枚以下のときには発動できない。

【裁きの龍】
・自身を特殊召喚する効果はチェーンブロックを組まないため、チェーンしてDDクロウ等墓地のライトロードの種類を減らすことはできない。

【ソーラー・エクスチェンジ】
・デッキの枚数が4枚以下のとき発動することは出来ない(空撃ちに相当)

【光の援軍】
・デッキの中にライトロードが存在しないことがわかっている場合、発動できない。また、デッキの上から3枚カードを墓地に送るコストを支払った段階でデッキからライトロードが存在しなくなった場合、対戦相手にデッキを公開し、存在しないことを確認した後、デッキをシャッフルする。(巻き戻しは発生しない)

【オネスト】
・効果を発動できるのはダメージステップのみ。つまり、ダメージステップ開始時、ダメージ計算時、ダメージステップ終了時の間である。ダメージ計算時はチェーンブロックを1つしか組むことができない。

【ネクロ・ガードナー】
・効果の発動自体はフリーチェーンであり、攻撃宣言時のみに使用できる効果ではない。発動した次の相手モンスターの攻撃を1度無効にするが、無効にしないままエンドフェイズを迎えるとこの効果は消滅する。
[PR]

by pikolin3 | 2012-02-22 22:59